スポンサードリンク

単身の引越しで大事なこと

単身の引越しは家族の引越しに比べ、ほとんどの場合荷物も少なく、引越し日の融通がきくというのがメリットですね。

このようなメリットのある単身の引越しですので、引越しのプランも家族の引越しよりも選択肢が多くあります。

では主な単身の引越しのプランを挙げてみます。

  • 1.引越し業者に頼む
  • 2.赤帽を利用する
  • 3.宅配便で荷物を送る
  • 4.友人や知人に手伝ってもらい、レンタカーを利用して運ぶ

それぞれメリットデメリットがありますので一つずつ見ていきましょう。

1.引越し業者に頼む

多くの引越し業者には単身の方のための引越しプランが用意されています。

特にクロネコヤマトや日通などは宅配のノウハウを活かし、より充実した単身パックが用意されています。

もちろん他の引越し業者お単身の引越しに合わせたプランを提供しています。

単身の引越しで引越し業者を利用するメリットは、

  • 1.引越しのプロなので仕事が早くて丁寧
  • 2.荷物になにかあっても保障がしっかりしているので安心
  • 3.大きな荷物があっても大丈夫
  • 4.引越し業者にもよるが、いろりろなタイプの引越しプランを選ぶことができる

デメリットの部分は、

  • 1.料金が高め

引越し業者に頼む単身の引越しのメリット・デメリットはこのようになると思います。

デメリットの「料金が高め」というのは、やはり単身といえども引越しのプロが行うので、サービスや保障などのしっかりしているので仕方ないのかなと思います。

ただ、この「料金が高め」というデメリットも複数の引越し業者から見積りを取り、競合させることによって、かなり安くなると思います。

引越し業者に頼む場合、単身でもやはり複数の業者から見積りをとって競合させるということは引越しの費用を安くするためにはとても大事なことですので、ぜひ行ってみてください。

引越し業者に頼むという方法に向いている方は、

  • 1.単身だけど荷物が多い。または大きな荷物がある方
  • 2.安さだけではなく、サービス面や保障もしっかりしたところにが安心という方
  • 3.女性やお年寄りの方で荷物の搬入・搬出が自分だけでは困難な方

このような方が引越し業者たのむ単身の引越し方法に向いています。

2.赤帽に頼む

近場で荷物の量も少ないという単身の引越しの場合、赤帽を利用するという方法もあります。

料金も比較的安いので引越しの費用を安く済ませたいという方にはうってつけの引越し方法だと思います。

ただし赤帽は軽トラックでの運搬になりますので、詰める荷物には限界があります。

荷物も少なく近場で、尚且つ大型の荷物(軽トラックに積み込めない大型の冷蔵庫やタンスなど)がないという方には向いている引越し方法です。

赤帽の引越しについての詳細は「近距離で近場の引越しに最適な赤帽」のページをご覧ください。

3.宅配便や路線便で荷物を送る

単身の引越しで、テレビや洗濯機、冷蔵庫など大きな荷物は現地で調達みたいな感じで、引越し先に送る荷物はダンボールに詰めてある荷物だけというようなときには宅配便や路線便で荷物を送ってしまうという方法もあります。

ただ、やはりこの引越し方法は、利用する方というのがかなり限定されると思います。

例えば、単身赴任などで引越し先には生活用品はほとんどあるという方や、学生さんが寮生活をするために自分の荷物だけ送るとかそのような方が宅配便や路線便で荷物を送ってしまうという方法が使えると思います。

4.友人や知人に手伝ってもらう

荷物も少なく、近場の引越しならば友人や知人に手伝ってもらって引越しをするということも可能ですね。

私も昔にこのパターンで引越しをしました。

友人や知人に手伝ってもらって引越しをするメリットは、

  • 1.引越し業者の費用がかからない
  • 2.知り合いと一緒なので、楽しく引越しができる
  • 3.引越し日や時間などをある程度自由に決められる

このようなメリットがありますが、やはりデメリット部分もあります。

  • 1.運搬手段がない場合、トラックなどをレンタルしなければならない。
  • 2.手伝ってくれた友人や知人に謝礼を渡さなければならない
  • 3.荷物の破損・損失などに対しての補償がない

気楽に楽しく引越しができそうでばパターンですが、やはりそれなりにデメリットはあります。

レンタカーでトラックを借りるというのにも料金がかかります。

一概に引越し費用がめちゃくちゃ安く済む!!とは言えないかもしれません。

「友人や知人に手伝ってもらって引越しをする」という引越し方法に関連したより詳しい内容は「レンタカーを利用した引越しのメリット・デメリットとは?」のページに書いてあるので、よろしければ参考にしてください。管理人本人の体験談も書いてあります。

単身の引越しの注意点とまとめ

単身の引越しというのは各種手続きも自分だけの手続きで済みますし、荷物なども家族の引越しに比べて少なくかなり気軽にできます。それに引越しの料金を安くしようと思えばいろいろな引越しプランを選ぶことができます。

ただし、安い方法だと思っても、実際かかった引越し費用はそうでもなく、逆に嫌な思いをしてしまったなんてこともよく聞きます。

ただ単に引越し費用が安くみそうだからといって、すぐに決めずに、自分にあった引越しプランを選ぶようにしましょう。

一つの引越しプランに固執するのではなく、いろいろな引越しプランを組み合わせるのもいいかもしれません。

例えばある程度の荷物は赤帽に頼んで、残ったいくつかのダンボールは宅配便や路線便で送ってしまうとかもいいと思います。

また、引越し業者を利用するデメリットで「料金が高め」というのを挙げましたが、実際に複数業者から見積りを取って競合させると、かなり安かったなんてこともよくあります。

単身の引越しで、どのプランにするのであっても引越し業者には自分の引越しがどのくらいの相場になるのかを知るためにも一度一括見積りなどで見積りをとってみることをお勧めします。もちろん無料でできます。

自分がやろうとしていた引越しプランでおよそかかりそうな費用とそれほど変わらないのであれば、だんぜん引越しのプロにまかせるのが一番です。

もちろん安ければ引越し業者に頼むのがベストです。

これから新しい部屋に住むのですから、引越しで嫌な思いをするよりも、気持ちよく引越しを終えて新しい生活を清々しく迎えたいですよね。

そのためにも自分に合った引越しプランをしっかりと選んでくださいね。

スポンサードリンク


関連記事

サイト運営者情報
・運営ポリシー
・リンクについて
・プロフィール