スポンサードリンク

引越しの挨拶って必要?

引越しをする際にほとんどの方が旧居でお世話になった方々、これから新居でお世話になる方々に引越しの挨拶をすると思います。

最近では近所のお付き合いというのは昔に比べ希薄になってきている感じがありますが、やはり「挨拶」というのは大切なものだと思います。

実際私は10年近く同じマンションに住んでいますが、これから引越しをされるという方からも新しく部屋を借りて引越しされてきたという方からもご挨拶を頂いたことがありません。

それで「あいさつがないからあの方は礼儀知らずの人だ!!」などと思うこともありませんが、やはり「今度お隣に引っ越してきた○○と申します。ご迷惑おかけしてしまうこともあると思いますが、よろしくお願いします。」とか「○月○日に引っ越すことになりました。引越し当日はご迷惑をおかけしてしまうと思いますが、よろしくお願いします。長い間大変お世話になりました。」など、一言でいいので挨拶はほしいなと思うものではないでしょうか。

このようなことを言っていて私があいさつしていないと最悪ですが、一応私は引っ越すたびにご挨拶はさせていただいてます。

引越しの挨拶にはかなりのメリットがあります。

まず旧居でお世話になった方々への挨拶をしておくことで引越し当日、荷物の搬出などで騒がしくなったとしても「お隣さんは今日引越しっていってたからしょうがないな」と 大目にみてくれると思いますし、引越した後に旧住所に荷物が届いてしまった時など快く預かって頂けるでしょう。

新居ではこれからお世話になる方々へ挨拶をしておくことで引越しの当日、荷物の搬入やトラックの駐車などで迷惑をかけると思いますが、「今日引っ越してくるっていってた方だな」とこちらも大目に見てくれるでしょう。

また、新居では今後近所の方々とは長くお付き合いをしていくことになると思います。

なのでの一番最初の挨拶というのはこれからの付き合いを円滑に進めるためにも重要なものだと思います。

引越しの挨拶にはもっとたくさんのメリットがあると思いますが、メリットも大事ですが、人としてのマナーとして旧居ではお世話になった方々へのあいさつ、新居ではこれからお世話になる方々へのあいさつは必要なものだと私は思います。

引越しの挨拶をしない方がベターな場合も・・・

上記で引越しの挨拶は人としてのマナーとして必要と書きましたが、引越しの挨拶をしない方がベターな場合もあります。

それは単身でしかも女性1人の引越しの場合です。

引越し先が集合住宅で女性専用などでしたら話は変わりますが、男女どちらも住めるような通常の集合住宅で独り暮らしの女性が引越しの挨拶に行くというのは、ご近所に私は一人で暮らしていますと触れ回っているようなものです。

正直、新しく引っ越してきた集合住宅にはどのような人が住んでいるのかわかりません。

セキュリティーの面を考えると女性専用の集合住宅以外での女性の一人暮らしの場合は引越しの挨拶は控えた方が無難かと思います。

引越しの挨拶をするタイミング

引越しのあいさつをするにもどのタイミングで挨拶するのがいいのか考えてしまうと思います。

旧居では最低でも引越しをする前日、できれば2~3日前までには挨拶をしておきましょう。

親しい間柄で、引越し後も末永くお付き合いをするような方には引越しが決まり次第伝えておいた方がいいと思います。

親しい間柄なのに引越し間際になっての報告ですと相手に対して冷たく感じられてしまうなんてこともあります。

自分に置き換えても、親しいと思っていた人から急に明日引っ越しますなんて言われたら、えっ!?なんでそんな急に!?って思ってしまいますよね。

新居の場合は引越し当日、遅くとも翌日にはあいさつをしましょう。

できれば新居が決まり、引越しする前に「○月○日に引っ越してきます。○○です。当日はお騒がせしてしまうと思いますが、よろしくお願いいたします。また改めてごあいさつに伺わせていただきます。」というように近所の方に事前に引越しする日を知らせることができればよりベターです。

私の友人の引越しの時ですが、引越し業者は使わずすべて何人かの友人が手伝って引越しを行いました。

もちろん私も手伝いました。

新居はアパートの2階。新婚さんです。

午前11時頃に新居に荷物の搬入をしたのですが、お隣さんと下の部屋の方から苦情がきてしまいました。

搬入の最中にドア越しから怒鳴られ本当に気分の悪い引越しだと思いました。

後々聞いてみると、私たちを引越し業者と間違えていたらしく、一言も挨拶がないことにご立腹されたようです。

でも私たちが引越し業者ではないにしろ一言「今日引っ越してきた○○です。これから荷物の搬入をしますのでご迷惑おかけしてしまいますが、申し訳ございません。」と挨拶しておけばあのような後味の悪い引越しにならなくて済んだのに・・・と思わずにはいられませんでした。

せっかくこれから新しい住まいで新しい生活がはじまるのですから余計なトラブルは避けたいですよね。

このようなことが起こらないようにちゃんとした挨拶は引越しが終わってからえもいいと思いますが、搬入作業に入る前にはご近所の方に一言お伝えしたほうがいいと思いいます。

引越しの挨拶はどこまでするの?

旧居の場合も新居の場合も基本的には

  • 戸建ての場合=向こう三軒両隣り
  • 集合住宅の場合=両隣り、真上、真下

が引越しの挨拶をする範囲と言われています。

ただ家や部屋の位置、またはその建物の構造では基本通りにはいかない場合がありますよね。

そのあたりは臨機応変に対応しましょう。

町内会などがあるようでしたら町会長さんのところに挨拶に行くとこれからの新居での生活もスムーズに進むと思います。

また、アパートやマンションなど賃貸の場合、大家さんや管理人さんへのあいさつも忘れずに行いましょう。

今後何かトラブルがあった時などでも心証を良くしておけば味方になってくれるかもしれません。

実際私もかなり大家さんにはお世話になっており、近隣のトラブル(主に騒音)のときもかなり力になってもらいました。

(私が騒音を出したのではありません)

引越しの挨拶に行く時間帯は?

新居での引越しの挨拶は朝10時~夕方6時までが適しているといわれています。

やはり明るい時間帯の方が挨拶される方も安心感がありますよね。

もちろんこの時間帯でもお昼時などは避けるようにします。

ただ、全てのご近所の方がその時間帯に家にいてくれるとは限りません。

日曜日は家にいるが平日は仕事で遅くならないと家にいらっしゃらない方とか、逆に土日は確実に仕事が入っている方など、生活スタイルは人によってさまざまですよね。

また、自分自身も平日は夫婦とも仕事で遅くなってしまうなんて方もいらっしゃいます。

このあたりはケースバイケースで対応しなければなりません。

部屋の電気がついている曜日や時間帯を狙って挨拶に行きましょう。

何回か挨拶に伺ったけれどいつもご不在だったなんていう場合は「○月○日に○号室に引っ越してきた○○と申します。何度かごあいさつに伺ったのですがお会いすることが出来ませんでした。これからいろいろお世話になりますが、なにとぞよろしくお願いいたします。」といったような挨拶状を挨拶品に添えてドアノブにかけておきましょう。

それから挨拶に伺うと貴、家族での引越しであれば、できれば家族全員で挨拶に伺った方が印象もいいですし子供の顔なども覚えてもらえるので何かと安心かと思います。

引越しの挨拶品はどのようなものがいいの?

引越しの挨拶品はだいたい500円~1000円、大家さんには2000円~3000円程度のものを用意しましょう。

あまり高額のものですと頂いた方も恐縮してしまいます。

一般的な挨拶品としては、

  • ・タオル
  • ・洗剤
  • ・入浴剤
  • ・お茶、紅茶
  • ・石鹸
  • ・キッチン用品
  • ・日持ちのするお菓子
  • ・乾麺

また、引越し先での特産品なども喜ばれるようです。

ご不在の時が多い方には食べ物はちょっと控えた方がいいと思います。

ドアノブに食べ物が吊るしてあったら、正直食べる気がしないですよね。

挨拶品を渡すときには包装してもらい、白赤の蝶結びの外のしで上部に「御挨拶」と書いて下部に苗字を書いておくと名前も覚えてもらいやすいです。

スポンサードリンク


関連記事

サイト運営者情報
・運営ポリシー
・リンクについて
・プロフィール