スポンサードリンク

ワレモノの梱包は丁寧に

お皿や茶碗、ガラス製のコップなどのワレモノ。

これらの荷造りは慎重に丁寧に行わなければなりません。


基本的にワレモノの梱包は一つ一つ梱包して箱に詰めていくのですが、丁寧に梱包していかないと大切な食器が割れてしまったということはもちろん、引越しの当日に引越し業者がもう一度梱包し直すというようなことにもなりかねません。

このようなことにならないように面倒でもしっかりと一つ一つ丁寧に梱包していきましょう。

ワレモノを荷造りする際の5つのポイント

ワレモノを荷造りする時には大切な5つのポイントがあります。

基本的なことですが、このポイントをおさえておくだけで破損などを防いでくれて、しっかりとしたワレモノの荷造りができます。

その5つのポイントとは、

  • 1.ワレモノは一つ一つのもの同士を触れさせないように荷造りをする。なので面倒でも一つ一つ新聞紙や緩衝材でしっかり包む。
  • 2.ワレモノを入れるダンボールの底にクッションになるようなもんを敷く。緩衝材を敷くのもいいが、新聞紙を集めに敷くのがコストもかからずベター。
  • 3.ワレモノを荷造りする際には重いものが下に、軽いものが上にくるようにする。
  • 4.ワレモノを入れるダンボールには、ワレモノがガタガタ動くのを防ぐために空いている隙間にくまなく新聞紙を詰める。
  • 5.ワレモノを梱包したダンボールには大きく「ワレモノ」注意と書いておく。

以上がワレモノを荷造りする際の5つのポイントになります。

難しいことはないので、ワレモノの荷造りの時にはぜひ参考にしてください。

各ワレモノの包み方

ワレモノにはさまざまなものがあります。

こちらでは主要なワレモノの包み方を紹介します。

緩衝材、または新聞紙を二重にしたもので一枚一枚包む。同じ大きさ、形の皿は紐で結びまとめる。箱に詰める時は皿の側面が下になるように詰めると隙間ができずらく安定しやすい。
茶碗緩衝材、または新聞紙を二重にしたもので一つ一つ包む。皿と同様に同じ大きさ、形の茶碗は紐で結びまとめる。茶碗は縦に詰めるので、詰めるダンボールの高さに合わせる。
コーヒーカップ最初にとっての部分を新聞紙か緩衝材で保護し、そのあと全体を包む。
コップ・グラスコップは緩衝材や新聞紙で一つずつ丁寧に包み、同じ大きさのものは紐で縛りダンボールには横にして詰める。ワイングラスなど、足のあるグラスは足の部分を新聞紙や緩衝材で保護してから全体を包む。

まとめ

ワレモノの梱包についていろいろ書いてきましたが、いかがでしょうか?さすがにちょっと面倒ですよね。

ただ、やはりワレモノの梱包、荷造りは丁寧に慎重にが基本です。

上記に書かれたことを行っていただければ、引越しの最中にワレモノが破損してしまうという可能性はかなり低くなると思います。

少々手間はかかりますが、大切な食器などを壊さないためにもぜひ実行してみてください。

スポンサードリンク


関連記事

サイト運営者情報
・運営ポリシー
・リンクについて
・プロフィール