スポンサードリンク

引越し業者は必ず複数の業者から見積をとる

引越し業者を選ぶときには必ず複数の業者から見積を取るようにしましょう。

これは引越しの費用を節約するには必須項目です!!

複数の業者から見積を取って料金の交渉をしていくというのは確かに面倒なことだと思います。

しかしこれをするだけで引越しの料金は数万円変わってしまうことも少なくありません。


一つの例ですが、実際に私の会社の同僚も万単位で安くなりました。

私の会社の同僚の場合は結婚を機にアパートから新築の家に引越しをしました。

引越しはどうするのか私が同僚に尋ねたところ、家を購入した不動産屋さんが○○という引越し業者を紹介してくれるということでした。

かなり有名で評価も高い引越し業者さんで、見積書も見せてもらったのですが、料金的にも安く申し分ありませんでした。けれども私は一応少なくてももう2社くらい見積もってもらったらとアドバイスしました。

結局あまり時間がなく、もう1社だけ見積を取ったのですが、そこでなんと15000円も安くなったのです!!

正直私の同僚の場合は、夫婦二人で荷物もそれほど多くなく、大きな荷物といえば冷蔵庫と洗濯機(もともと一人暮らし用のものでそれほど大きくない)くらい、引越しの距離も違う市内ですが、10㎞ほどくらいしか離れていないというような、決して大がかりではない引越しでした。

このような引越しでしたので、通常の価格自体も大きな料金ではありませんでしたが(7万円以下)、それでも1万円以上の値引きがありました。

これがより大がかりな引越しであればかなり大きな値引き額になると思います。

複数の引越し業者への見積りの取り方

上記に書いたように複数の引越し業者から見積りを取り、交渉すれば必ずといっていいほど引越しの料金というのは安くできます。

引越しの費用を節約する一番効果的な方法はこの相みつといっても過言ではありません。

必ずやるべきことだと私は思っています。

では複数の業者から見積りを取るにはどのようにすればよいのでしょうか?

自分の気になる引越し業者に1件1件に電話やメールで問い合わせるのもいいのですが、一社一社に毎回同じことを伝えなければいけないのでかなり手間が増えます。

それに比べてインターネットで引越し業者一括見積りを利用すると一度の手間で自分の引越し条件に合っている引越し業者を何件か紹介してくれるので、すごく楽です。

引越し業者一括見積りの利用方法は、自分の引越しの大まかな内容など、必要事項を入力すれば、誰でも知っているような大手引越し業者から、中小の引越し業者まで、複数業者の中から自分に適した引越し業者を紹介してくれるというシステムです。

もちろん無料です。

通常2日以内に複数の引越し業者から連絡があります。

私の場合、夜に登録をして翌日に何件かの引越し業者から連絡が来ました。

引越しの条件によってはかなりの数の引越し業者から連絡があるかもしれません。そのような場合はその中から料金やサービス面などを考慮して、3~4件の引越し業者に絞り、訪問見積りをしてもらうという流れがいいと思います。

いくら「安い!!」「条件がいい!!」といっても、電話やメールだけで引越し業者を選んでしまうということだけは避けましょう。

引越しの当日になって、実際に荷物を見てみたら、引越し業者と自分との荷物の多さにズレがあったため、料金を高く取られてしまうなんてことになってしまう可能性もあります。

必ず訪問見積をしてもらい、実際にどのような荷物があるのか見てもらってから最終的に引越し業者を決めるようにしましょう。

効率的な値切り交渉術!!

自分の引越しに適した引越し業者を3~4件に絞り、訪問見積をしてもらうまできたらいよいよ値切り交渉です

訪問見積の時間は1社1時間弱というところです。

1日に何社かの業者が訪問見積にくるのであればバッティングしないように時間を調整しましょう。

ではどのようなやり方が効率的な値切り方なのかを書きたいと思います。

値切り交渉の要点というのは、

  • 1.見積り内容をしっかり確認する。
  • 2.ダンボール等の資材は無料でもらえるのか?
  • 3.いくら好条件でも1回目の交渉では決めない。

この3点に気をつければ引越し料金を効率的に値切ることができます。

では一つずつ詳しく見ていきたいと思います。


1.見積り内容をしっかり確認する。

見積もり書の中にはどのような車両を使うのか、作業員は何人くらいくるのかなどといたったことが書いてあります。

もちろんすべてチェックできればいいのですが、なかなかそうはいかないと思います。

なので、「どのような車両を使うのか」「作業員は何人くらいくるのか」ということをチェックしてみてください。

作業員が一人増えるだけでも万単位の金額が増えてしまいます。

自分の引越しに必要なおおよそのトラックの大きさ、作業員の人数など、あらかじめ調べておき、見積もり内容がかけはなれていないかチェックするといいでしょう。

また、3~4社に見積りを出してもらうことによって、自分の引越しに必要なトラックの大きさや作業員の人数のおおよその相場もわかります。


2.ダンボール等の資材は無料でもらえるのか。

ダンボール等の資材を引越し業者が無料でサービスしてくれるのかということも引越し費用を節約するためには重要なことです。

ダンボールも普通に買えば小さなサイズで200円~400円、大きなサイズになると300円~600円もします。

これが20枚も30枚も必要になれば10000円は軽く超えてしまいます。

今は大手の引越し業者でも中小の引越し業者でもダンボールなどの資材をサービスでつけてくれるところがほとんどですが、一応確認しておきましょう。


3.いくら好条件でも一回の交渉では決めない。

やはりどの引越し業者も自分のところで決めてもらいたいと思うのは当然のことですよね。できる限りほかの業者よりも早く契約を取りたいという気持ちはどの業者も一緒だと思います。

なので1回目の交渉で「今決めていただければ・・・」という感じで条件を提示してくるなんてことは多々あると思います。

これは普通のことでこのような業者が悪いということではありません。

この場合、自分に引越し経験がたくさんあったり、同じ業種に勤めていたことがあるなどで、相場観もしっかりあったりして、このくらいの料金なら確実に安いという確信があるのなら別ですが、そうでなければここで決めてしまうのはできるだけ避けましょう。

「今日決めていただければ・・・」と言ってきた業者さんには、

「他の業者さんともまだ訪問見積の約束がありますし、○○さんでしたら次回でも同じ条件だしてくれますよね?」とやんわりと答えるのがいいと思います。

とにかくすべての業者さんに訪問見積に来てもらい、話をしてから競合してもらいましょう。

最後は一番安く見積りを出してくれた業者さんの見積りを参考にして、もしその業者さんがよければ、「○○さんに決めたいのですが、もう少し勉強してくれませんか?」などともうひと押ししてみましょう。

そしてその業者さんでなければ、「△△さんに決めたいのですが、○○さんはここまで安くしてくれたのですけど、なんとかもう少し安くしてもらえませんか?」などと最後の交渉をしてみましょう。

料金の安さももちろん大切ですが、最終的には自分が一番気に入った業者さんに打診してみましょう。それで納得のいく料金になれば決定です!!


以上が【効率的な値切り交渉術】になります。

ここまでして引越し料金が安くならないことはまずありませんので、がんばって挑戦してみてください。

スポンサードリンク


関連記事

サイト運営者情報
・運営ポリシー
・リンクについて
・プロフィール