スポンサードリンク

転校も転園も早めの手続きが安心

子供さんのいるご家庭では引越しの際に幼稚園や保育園の転園や、学校の転校などの手続きもしなければなりません。

手続きが遅れてしまって新しく学ぶところへ子供さんが行けないなんてことのないように早めに手続きをしておきましょう。

幼稚園、保育園の転園手続き

幼稚園や保育園は定員人数が決まっています。なので定員に空きがなければ入園することができません。

なので引越しが決まり次第、新しい入居場所から通える幼稚園、保育園のリサーチが必要です。

各自治体に問い合わせたり、インターネットで調べてみましょう。

そして該当する幼稚園や保育園がみつかったら、すぐに問い合わせてみましょう。

実際の手続きの流れは、各自治体によってことなりますので、問い合わせてみるのが確実ですが、通常は幼稚園の場合は通っていた幼稚園から「在園証明書」を発行してもらいます。

そしてこれから通うことになる幼稚園の「入園願書」「誓約書」に必要事項を記入します。そのときに一緒に在園証明書と住民票をこれから今日ことになる幼稚園に提出して手続きは終了です。

保育園の場合も各市町村によって異なりますが、通常は幼稚園より簡単で、引越しをする地域の役所で必要書類を提出して手続きは終了です。

転校の手続き

一言に転校といっても、小・中学校の転校、高校の転校、そして公立・私立の天候とその状況によって転校の手続きは変わります。

ではそれぞれの転校の手続きの方法をみてみましょう。

・公立の小・中学校の転校手続き

1.現在通っている学校の担任に転校することを伝える。

まず最初にすることは、現在通っている学校に転校するということを伝えなければなりません。

2.在学証明書と教科書給与証明書を受け取る。

現在通っている学校に転校することを伝えると「在学証明書」「教科書給与証明書」というものが発行されます。

新しい学校の手続きで必要なので大切に保管しておきましょう。

3.転居・転出・転入の手続き

まず同じ市区町村の場合、転居届だけで大丈夫です。

けれども違う市区町村の場合、転出・転入届が必要になります

4.教育委員会に新しい住民票を提出

同じ市区町村内での転校でしたらその市区町村内の教育委員会、違う市区町村内での転校でしたら、新しい市区町村内の教育委員会に住民票を提出します。

そうすると入学する学校の指定を受けます。

そして「転入学通知書」というものを受け取ります。

5.新しく通うことになる学校に各書類を提出。転校完了。

最後に教育委員会から指定された学校に「転入学通知書」(教育委員会で渡された書類)、「在学証明書」「教科書給与証明書」(前の学校で受け取った書類)を提出します。

これで公立の小・中学校の天候は終了です。

公立の高校に転入学

高校の場合は効率の小学校・中学校とは違い、希望する学校に欠員がないと入学することができません。

また、欠員があったとしても編入試験に合格する必要があります。

手続きの方法は各都道府県で変わってきますので、各都道府県の教育委員会に問い合わせてみましょう。

私立の中学・高校に転入学

各都道府県には私立学校の団体が設立されています。

名称は地域によって異なりますが、~協会や~連盟などの名称がついています。

まずはその私立学校の団体に問い合わせたあと、希望する学校に連絡するという形が一般的です。

とりあえずその地域の私立学校の団体に問い合わせていろいろ確認を取りましょう。


以上が子供の転校や転園の手続きについてです。

幼稚園、保育園、学校、いずれにしても引越しが決まったらできるだけ早めに行動して、あとあと焦らないでいられるようにしておきましょう。

スポンサードリンク


関連記事

サイト運営者情報
・運営ポリシー
・リンクについて
・プロフィール